取扱製品

CULA

CULA tools


CULAはサイトライセンス以外の販売を終了しました。
詳しくは弊社営業窓口までお問い合わせください。

2014年3月11日

CULAtools™はEM Photonics社がNVIDIAの協力の元に開発したNVIDIA GPUアクセラレータ用線形代数計算ライブラリです。 CULAファミリにはフリーの単精度版CULA Basicと倍精度版CULA Premium、CULA Commercialの3つがあります。 CULAには線形代数演算ライブラリとして一般的なLAPACKの代表的な関数を収録しています。 GPUを使ってみたいが、従来と大きく異なるプログラミング手法のために諦めてしまうユーザは少なくありません。 しかしながら、ホットスポットであるLAPACK関数部分をCULAに置き換えるだけで手軽にGPUのパフォーマンスを利用することが出来ます。

豊富で使いやすい機能

  • CULAPACKインターフェース
  • CUDAの知識がなくても利用できる。
  • 様々な開発言語から利用できる。
    (C/C++, FORTRAN, MATLAB, Python)
  • システムソルバー
  • 固有値計算ルーチン
  • 特異値分解

様々なプラットフォームでGPUアクセラレート

  • CUDAデイバスによる驚異的パフォーマンス
  • 意識せず並列GPU演算が利用できます。
  • 正確な演算を保証
  • デバイス&ホストインターフェース
  • C、C++、Fortran用ライブラリ
  • クロスプラットフォーム対応(Win, Mac, Linux)

CULAファミリ一覧
CULAファミリ 価格※1 計算精度 利用できる関数 再配布 サポート
CULA Dense Free Edtion Free 無償 単精度 制限有 フォーラム
CULA Dense - (民間、官公庁)
- (教育機関)
単精度
倍精度
制限無 不可 サポート専用
フォーラム
CULA Sparse - (民間、官公庁)
- (教育機関)
単精度
倍精度
制限無 不可 サポート専用
フォーラム

※1 価格は年間サブスクリプションの金額です。購入後、1年間のアップデートが可能です。複数年のサブスクリプションご購入希望の場合は弊社窓口へお問い合わせください。

製品に関するお問い合わせ・御見積はこちらから

CULAを利用するためのシステム条件

CULA denseの最新版はバージョンR17(May 8, 2013)、CULA sparseはバージョンS5(May 8, 2013)です。

CULAのシステム条件
GPU 対応するGPUについては、NVIDIA CUDA ZONEのCUDA GPUsを参照して下さい。
      CUDA ZONE CUDA GPUs  http://www.nvidia.com/object/cuda_gpus.html
また、CULAの倍精度関数を利用する場合は、Compute Capability 1.3以上のGPUが必要になります。
NVIDIAドライバー
Linux304.54
Windows306.94 以上
Mac OSX5.0.36 以上
CUDA CUDA 5.0

サポートOS一覧
Linux Ubuntu Linux 10.04 (and newer)
RedHat Enterprise Linux 5.7〜 / 6.x
Fedora 16
※32-bit版と64-bit版をサポートします。
Windows Windows XP / Vista / 7
※32-bit版と64-bit版をサポートします。
Mac OS X Mac OS X ver. Snow Leopard / 10.7 Lion

ドキュメント

CULA Dense CULA Sparse その他のドキュメント
リリースノート
(txt,英語)
リリースノート
(txt,英語)
CULAカタログ
(PDF)
リファレンスマニュアル
(PDF,英語)
リファレンスマニュアル
(PDF,英語)
CULAベンチマーク結果
(PDF)
プログラマーズガイド
(PDF,英語)
プログラマーズガイド
(オンライン,英語)

製品に関するお問い合わせ・御見積はこちらから

go top