CULA


 インストール


インストール前に、システム条件を満たしていることをご確認ください。

cula_premium_R11-osx.dmgをダブルクリックし、パッケージをマウントします。

  1. pkgパックをダブルクリックするとインストーラが立ち上がります。

  2. CULAインストールを続けますので、「続ける」をクリックします。

  3. ソフトウエア使用許諾契約が出てきますので、最後まで読み「続ける」をクリックします。

  4. ソフトウエア使用許諾契約に承諾できる場合は「同意する」をクリックします。

  5. インストール先を尋ねられますので、「インストール」をクリックします。

    デフォルトでは「/usr/local/cula」にインストールされます。

  6. 管理者権限が必要になりますので、管理者権限を有するアカウントとパスワードを入力して「OK」をクリックします。

  7. インストールが始まります。そのまま待ちます。

  8. インストールは成功しましたと出ると、終了です。「閉じる」をクリックして終了です。



 環境変数の設定


環境変数の設定が必須となります。

export CULA_ROOT=/usr/local/cula

export CULA_INC_PATH=$CULA_ROOT/include

export CULA_BIN_PATH_32=$CULA_ROOT/bin

export CULA_BIN_PATH_64=$CULA_ROOT/bin64

export CULA_LIB_PATH_32=$CULA_ROOT/lib

export CULA_LIB_PATH_64=$CULA_ROOT/lib64

を.bashrcに登録をお願いします。


また、DYLD_LIBRARY_PATHを設定する必要があります。

if [ -z “${LD_LIBRARY_PATH}” ]; then

   LD_LIBRARY_PATH=$CULA_LIB_PATH_64; export LD_LIBRARY_PATH

else

   LD_LIBRARY_PATH=$CULA_LIB_PATH_64:${LD_LIBRARY_PATH}; export LD_LIBRARY_PATH

fi




製品に関するお問い合わせ・御見積はこちらから

go top