CULA


 使い方


LinuxやMacOSXではコマンドラインから使用します。



  • コンパイル方法


    《C言語》

    コンパイラにはGNUコンパイラ、Intelコンパイラ、PGIコンパイラなどが使用可能です。

    -lcula -lcublas -lcudartをリンクします。

    下記に各コンパイラでの使用例を示します。


    <Gnuコンパイラ>

    gcc -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcublas -lcudart main.c


    <Intelコンパイラ>

    icc -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcublas -lcudart main.c


    <PGIコンパイラ>

    pgcc -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcublas -lcudart main.c




    《Fortran》

    Fortranからも利用が出来ます。C言語のライブラリと-lcula_fortranを読み込みます。

    下記に各Fortranコンパイラでの使用例を示します。


    <Gnuコンパイラ>

    gfortran -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcula_fortran -lcublas -lcudart main.f


    <Intelコンパイラ>

    ifort -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcula_fortran -lcublas -lcudart main.f


    <PGIコンパイラ>

    pgf90 -I${CULA_INC_PATH} -L${CULA_LIB_PATH_64} -lcula -lcula_pgfortran -lcublas -lcudart main.f




  • 実行方法


    上記のサンプルでは実行ファイルa.out が生成されます。

    実行は下記のようにします。


    ./a.out




弊社製品、ソリューションに関するお問い合わせ・御見積はこちらから

go top